グリーンデンタルクリニック

入れ歯

中山駅近くで入れ歯の不具合・破損の相談
食べる楽しみを取り戻すために

入れ歯が合わないと、食事という人生の大きな楽しみが損なわれます。当院の院長は昭和大学と東京医科大学病院で高齢者歯科学と歯科口腔外科の兼任講師・助教を務めており、特殊な義歯にも精通しています。入れ歯でお困りの際は、中山駅からすぐの当クリニックまでお気軽にご相談ください。
お口にフィットする入れ歯を提供するため、歯科医師による精密な型取りや咬み合わせの再現はもちろん、優れた技工所とも連携して、質の高い入れ歯を制作しています。

保険治療と自費治療の入れ歯の違い

保険治療の入れ歯と自費治療の入れ歯の違いは、主に使用される材質やデザイン、機能性にあります。保険治療の入れ歯は、保険が適用される範囲で作られるため、一定の厚みやデザインが制限されます。通常、保険の入れ歯は最低でも2mmの厚みが必要です。これに対して、自費治療の入れ歯では、金属を用いることで、薄さ0.5mmまで作ることが可能です。金属を使用することで、薄くて丈夫な入れ歯が作成でき、熱伝導率も良いため、食事の温度を感じやすくなります。

また、自費治療の入れ歯では、様々な材質が使用可能で、デザインや機能性に優れたものを選ぶことができます。例えば、金属のバネが目立たない入れ歯や、見た目や装着感にこだわった高品質な入れ歯を制作することができます。これにより、自然な見た目や快適な装着感を求める患者にとって、自費治療の入れ歯が魅力的な選択肢となります。

保険治療の入れ歯と自費治療の入れ歯の選択は、患者のニーズや予算によって異なります。保険治療の入れ歯は、コスト面で手頃である一方、自費治療の入れ歯は、より高品質でデザインや機能性に優れています。患者は、自分の状況や要望に合わせて、どちらの入れ歯が適切かを検討することが重要です。歯科医と相談しながら、最適な入れ歯を選ぶことで、快適な生活を送ることができます。

入れ歯の種類と
費用の目安

総入れ歯

歯をすべて喪失した方に制作する入れ歯とです。これは、上顎や下顎の全ての歯が欠損している場合に適用され、患者の咀嚼機能や発音、見た目を回復する目的で作成されます。

総入れ歯は、アクリル樹脂や金属などの材料で作られ、歯茎に密着する土台(義歯床)と、それに固定された人工の歯が一体となっています。総入れ歯は取り外し可能であり、適切な清掃やメンテナンスが必要です。

歯科医は、患者の口腔内の状態に応じて個別に総入れ歯を作成します。まず、歯科医は患者の歯茎の型を取り、それに基づいて総入れ歯を製作します。適切なフィット感を確保するために、何度も試着や調整が行われます。

総入れ歯は徐々に新しい入れ歯に慣れていくため時間がかかることがあります。総入れ歯を使用することで、咀嚼機能や発音、見た目が改善され、患者は快適な日常生活を取り戻すことができます。

健康保険適用の場合
※片顎の費用
11,000円〜
自費治療の場合 330,000円〜
部分入れ歯

部分入れ歯は、欠損した歯を補うための歯科補綴物です。すべての歯が欠損していない場合に、残った自分の歯と人工歯を組み合わせて使用されます。部分入れ歯は、患者の噛み合わせや見た目の改善、さらに発音のサポートなど、日常生活において重要な役割を果たします。

部分入れ歯には、患者様が自分で装着や取り外しをします。金属やプラスチックのバネを使って、残った自分の歯に固定されます。

部分入れ歯の選択は、患者の欠損歯の状況や要望、予算に応じて決まります。歯科医と相談しながら、最適な部分入れ歯を選ぶことで、快適な生活を送ることができます。部分入れ歯を選択する際は、適切なケアや定期的なメンテナンスも重要であり、長期的な満足感や機能性を維持するために不可欠です。

自費治療の場合 231,000円〜

残っている歯の本数、使う材質によって費用が変動いたします。

金属床義歯

金属床義歯は、自費診療の入れ歯で、金属を用いることで薄く丈夫に制作することが可能です。金属の特性を活かした薄い設計は、入れ歯がたわむことがなく、入れ歯を支える歯に余計な力がかからないため、長期的な安定性が向上します。

また、金属床義歯は、顎堤(歯茎)に余計な力がかからず、骨の吸収を抑えることができます。これにより、顎の骨が維持され、入れ歯の装着感や機能性が長期間維持されることが期待できます。

金属床義歯は、薄くて丈夫な構造が特徴であり、歯を支える歯や顎堤にかかる負担を軽減することができる自費診療の入れ歯です。これにより、長期的な快適さと機能性が向上し、入れ歯使用者にとって有益な選択肢となります。

1~2歯 231,000円〜
3歯以上 330,000円〜
総義歯 330,000円〜

使用する金属の種類や、バネが目立たない入れ歯などは費用が別途かかかります。

レジン床義歯

レジン床義歯は、保険治療の範囲内で作成することができる入れ歯です。この入れ歯は、レジン(プラスチック)を用いて基台部分(床)を作成し、人工歯を取り付けることで機能を果たします。

保険治療で制作できることから、費用面で手頃であるという利点があります。また、レジン床義歯は軽くて柔軟性があるため、装着感が良いとされています。さらに、レジン床義歯は補綴物の修理や調整が容易で、状況に応じて柔軟に対応できます。

ただし、レジン床義歯には、金属床義歯に比べて耐久性や強度が劣ることがあります。そのため、長期間の使用や大きな咬合力が必要な場合は、他の種類の入れ歯を検討することが望ましいため歯科医と相談しながら、最適な入れ歯を選びましょう。

レジン床義歯 10,000〜20,000円程度

比較的安価に制作することができます。

やわらかい入れ歯

やわらかい入れ歯は、歯茎と接する部分が柔らかいシリコン素材で作られた特殊な入れ歯です。このシリコン素材は、歯茎に優しくフィットし、装着時の痛みや不快感を軽減する効果があります。特に、歯茎が痩せている人や痛みに敏感な人にとって、やわらかい入れ歯は適した選択となります。

ただし、シリコン素材は強度が低いため、やわらかい入れ歯の他の部分は金属で補強する必要があります。これにより、入れ歯の耐久性や機能性が確保され、長期間使用することができます。

やわらかい入れ歯は、歯茎への負担を軽減しつつ、金属補強により十分な強度を持つことが特徴です。歯科医と相談しながら、自分に適した入れ歯を選ぶことが重要です。

やわらかい入れ歯 286,000円〜

シリコンは通常の義歯より劣化が早いため、おおよそ2年ほどで張り替え(修理)が必要となります。

金属の補強が必要なため、前出の金属床に準じた費用となります。

バネを使わない入れ歯
(ノンクラスプデンチャー)

ノンクラスプデンチャーは、金属製のバネを使用しないタイプの入れ歯です。従来の入れ歯では、金属製のバネが目立つことがありましたが、ノンクラスプデンチャーでは、特殊なプラスチックのバネに変えることで、入れ歯が目立たなくなります。

このような入れ歯は、見た目の自然さやデザイン性を重視する患者にとって魅力的な選択肢となります。プラスチック製のバネは、装着時に目立たず、周囲の人に入れ歯を使用していることが気づかれにくくなるため、自信を持って日常生活を送ることができます。

ノンクラスプデンチャーは、自然な見た目と快適な装着感を求める患者におすすめの入れ歯です。歯科医と相談しながら、自分に適したノンクラスプデンチャーを選ぶことで、美しく、快適な口元を手に入れることができます。

ノンクラスプデンチャー 286,000円〜

入れ歯がたわまないように、見えないところに金属を用いています。

グリーンデンタルクリニック

グリーンデンタルクリニック

神奈川県横浜市緑区台村町329-3

月-土 9:30〜13:30 14:30〜19:00
日曜・祝日 休診日

045-511-8698

web予約をする

お知らせ

休診日 無し
矯正相談 6/4(火)11(火)17(月)24(月)
ニュース一覧へ

web予約

 
午前 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤
鈴木 鈴木 鈴木 松本 鈴木 松本
由利 松本 松本 由利 由利  
    由利      
午後 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤 伊藤
鈴木 松本 松本 松本 鈴木 松本
由利   由利 由利 由利  
矯正・渡邉 矯正・鳥越        

診療メニュー